chapter 4-6. 退屈、とか、一般受けしない、とかそんなことにならないだろうか

ポワロを演じていると面白いことの一つに、マナーや常識が現代のそれとは違うことがある。不必要で明確なッドシーンはなく、アルコール依存症もおらず、恐ろし気な探偵もいない。

 

ポワロが生きている世界は、今よりずっとシンプルで、人間味にあふれている。

異国人であるポワロから見ても、古き良き英国である。だから、ポワロの時代が遠い昔のことであっても、このドラマはとても面白いのだと思う。

これは私にとっても同じである。

 

第一シリーズの9作目は「クラブのキング」。

映画監督が殺される事件で、ポワロが撮影現場を訪れるシーンから始まる。撮影はもちろんTwichenhamスタジオで行われた。

 

10作目の「夢」はパイ工場の上にある自宅で、オーナーが密室で殺されるというものである。キャストはこれまた豪華で、重要な役どころの女優の役にNiamh Cusack、パイ工場のオーナー役にはシェイクスピアカンパニーで長年一緒に仕事をしてきたAlan Howard。オーナーの娘役には、Joely Richardson、彼女はこの役がテレビ初出演だった。

 

最後に撮影した「夢」は、1988年のクリスマス前に撮り終えた。

その頃、ロンドンウィークエンドテレビは、クリスマスからちょうど二週間後にあたる1989年1月8日の日曜夜に第一話の放送すると決めた。以後毎週日曜、8時45分から放送され、10話目が放送されるのは3月19日だ。

 

どうしてそのような決断になったのか、実際私はよくわかっていない。ロンドンウィークエンドテレビがポワロの製作に興味がなくなったのではないかと内心びくびくしていた。

なぜなら、当時大ヒットしていた「The Professionals」や「The Sweeney」のようにアクションシーンがあるわけでもなく、最近のMorse and Wexfordシリーズと比べようもなかったからだ。

ロンドンウィークエンドテレビは1989年に放送して、それでおしまいにするつもりなのだろうか?

 

退屈すぎる、とか、一般受けしない、とかそんなドラマになっていないだろうか、と心配だった。

 

1988年12月、撮影最後の日、Twichenhamで撮影クルーやメインキャストと共にパーティをした。ブライアンと私がそれぞれ短いスピーチをした。

 

私はスピーチで、この先このドラマがどうなるかわからない、というようなことを言った。

「このドラマが成功するのかどうか、まだわかりません」と私。

「もし、良い結果が得られなければ、次のシリーズは製作されないでしょう。ですので、私は、今ここで皆さんに伝えなければなりません。皆さんのご尽力に感謝申し上げます。こんなに素晴らしい職場は今まで経験したことがありません。本当にありがとうございました。」

ただ一つ確かだったことは、私はこれまでのどんな仕事よりも疲れた、ということだ。その夜、本当に疲れ果てて、撮影現場を後にした。これから、テレビのゴールデンタイムにトータルして500分間出ずっぱりになる。それにいままで、一日に、14,5時間働いた。考えるのもしんどかった。

ショーンの運転でPinnerにある新居に帰ると、私は倒れこんでしまった。だがクリスマスはもうすぐそこだ。子供たちのためにも、疲れを見せることなく楽しいクリスマスをやり切った。でもシェイラは気付いていた。

その時に自分ができることと言えば、待つことと、ドラマに対する反応を探ることぐらいである。

それに、打ち切りになるのではないか思うと、本当に辛かった。というのも、これほど役作りに熱中し、親しみを感じているポワロを演じることが二度となくなるのかもしれないと思うと、本当に悲しくなってきた。ポワロは私にとってかけがえのない存在になってきていた。