chapter 5-3. 木槌で頭を叩かれているような感じ

シリー諸島で過ごした夏を思い出していた。

その時、Geoffreyは言った。

「ポワロは君の人生を変える」と。

だが、まだそんなに実感していなかった。

 

1989年1月の月曜、私はまだまだ疑心暗鬼だった。そうはいっても何も変わりっこない、と思っていた。

 

翌日、火曜日の朝、ロンドンのホテル・リッツで、デイリー・テレグラフ紙のHugh Montgomery-Mssingberdと一緒に朝食を取る約束をしていた。

私は明らかに動揺していた。そこで受けたインタビューが翌朝に掲載されると、私は今まで経験したことのない世界に足を踏み入れることになるのだ、と感じたのだ。

 

Hughは書いた。

「勲章に値するテレビ界の快挙」

そして「ポワロを演じたデビッド・スーシェは昨日の朝、目覚めると有名人になっていた」

 

Hughとは初対面だったが、その朝食の席で意気投合した。食事自体はお互いダイエット中ということもあり、ミュズリーとフルーツだけだったが。

Hughは「今までで一番親しみが持てて、嫌みのない演技」と書いてくれた。

また「感受性豊かで、地味目なアーティスト」であり、

「これからのスターになることは間違いない」とも。

 

翌朝この記事を読んだ時にはかなり動転した。他の評論も常々好意的だった。

放送から一週間たった日曜、「メイル・オン・サンデー」のAlan Corenは

「テレビで放送するにふさわしいポワロ」と書いた。ポワロの役作りはどうやら間違っていなかったようだ。